top of page

自律神経失調症について

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れることで起こるさまざまな症状を総称したものと言われています。




自律神経について

 

自分の意志とは関係なく働き続けているのが自律神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つに分かれ、循環器、呼吸器、消火器などに分布しています。



交感神経と副交感神経は、ブレーキとアクセルみたいな役割があります。

交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキです。




交感神経のはたらき

心拍数を増加させ、心臓の収縮力を高め、呼吸がしやすくなるように気道を広げていきます。これにより、筋肉に力が入るようになります。

また、手のひらの発汗、瞳孔の拡大、体毛の逆立ちなども関係しています。


副交感神経のはたらき

エネルギーを温存し、体を回復させる役割があります。

心拍数を減らし、血圧を低下させます。また消化管を刺激して、食べたもの消化や不要物の排泄を促します。食べたものから吸収されたエネルギーは、組織の修復や形成に利用されます。


(補足)神経は、大きく「中枢神経」と「末梢神経」に分けられます。

さらに末梢神経は「運動神経(体性神経)」と「自律神経」に分かれています。


運動神経と自律神経の大きな違いは、意思によって動かせるかどうかです。

運動神経は自分の意思で動かすことができますが、自律神経は動かすことができません。




自律神経は、脳の視床下部という場所によってコントロールされています。

脳は大きく分けて、大脳、小脳、脳幹に3つパーツに分かれ成り立っています。

視床下部は脳幹(間脳・中脳・橋、延髄)の中の、間脳という場所の中です。


自律神経のバランスが崩れると?

交感神経の働きが優位になると、血管が収縮して血流が低下します。交感神経が長期にわたり、過度に働くよう状態続くと、血流の悪い状態が続き、肩こりや頭痛、手足の冷え、肌あれなど、いろいろな不調を招くと言われています。



自律神経失調症の原因は?

 

原因として考えられのが、人間関係などによる精神的ストレス・過労や職場環境などの身体的ストレスなどがあげられます。

また身体疾患に随伴する場合、うつ病や不安症の症状の一部として出現する場合などがあるようです。



自律神経失調症の症状は?

 

自律神経失調症による症状は、身体のだるさ・便秘や下痢・ほてり・動悸・めまい・口や喉の不快感・頻尿・肩こり・腰痛などあげられます。

随伴して精神的な症状も現れることもあります。

イライラ・不安・不眠・集中力の低下など。

症状は個人差があり、複数の症状が現れることもあります。



手もみ処での自律神経失調症の対処法

 

「指の圧」によって高まった交感神経をしずめて、副交感神経が優位になるようにはたらかきかけていきます。


持続的な「指の圧」は現代医学でも、呼吸数の減少、心拍数が減少すると立証されています。そのため持続的な「指の圧」は副交感性の反応を呼び起こすとされています。


特に頭~首・背中にかけて丁寧に時間をかけて「指の圧」で身体を整えていきます。



頭・背中など自律神経のアンバランスを整えるツボがたくさんあります。

お客様の症状・体質などに合わせてツボを刺激していきます。



【手もみ処 東海大学前】

『手から伝わる 心 和』

『指の圧で身体の深部を緩めていきます』


【店舗情報】

・東海大学前より徒歩7分

・駐車場無料(2台用意)

・営業時間10:00~22:00(最終受付21:00)


#手もみ処東海大学前

#秦野

#東海大学前

#夜遅くまで営業